五味隆典の中学時代や父親は?血液型や戦績などwiki風プロフィール!

スポンサーリンク

年末・大晦日のRIZIN2021で那須川天心との対戦が決まった「五味隆典」さん。

Youtubeでは朝倉海とのコラボも見ごたえがありましたね。

そんな五味隆典の中学時代や父親は?と気になっている方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、

  • 五味隆典の中学時代は?
  • 五味隆典の父親は?
  • 五味隆典の血液型や戦績などwiki風プロフィール

について紹介します。

スポンサーリンク

五味隆典の中学時代は?

五味の中学時代について調べました。

五味は中学時代は野球部でピッチャーをしていました。

野球をしていたころはすごく活発でしたが、野球をやめて気分が落ち込んでいました。

そんな時にテレビでボクシングを見て、

直感で、自分の進むべき道は格闘技だと感じたとのこと。

高校入学が決まってすぐに、相模原ヨネクラボクシングジムに入門。

そしてすぐに、ファイターとして生計を立てたくなり、高校を1年でやめてしまいました。

スポンサーリンク

五味隆典の父親は?

16歳の時、木口道場レスリング教室に入門しました。

高校を1年で中退すると、五味に警察官になって欲しかった父親と不仲に。

その結果、縁を切られてしまいました。

その後の父親との関係についての情報はありませんでした。

また父についての情報もありませんでした。

スポンサーリンク

五味隆典の血液型や戦績などwiki風プロフィール

  • 本名:五味隆典
  • 通称:天下無双の火の玉ボーイ
  • 出身:千葉県柏市
  • 生年月日:1978/9/22
  • 年齢:43歳(2021/12/27現在)
  • 身長:173cm
  • 体重:70kg
  • 血液型:O型
  • 所属:K’z FACTORY
  • 階級:ライト級
  • 尊敬している人物:矢沢永吉、マニー・パッキャオ
  • バックボーン:レスリング、ボクシング

五味さんの総合格闘技全盛期は、凄まじい強さを誇っていました。

世界最高峰の総合格闘技団体「UFC」にも挑戦し、数々の成績をおさめてきました。

2020年のRIZINでは、皇治さんと対戦をし、勝利しています。

五味さんの運営しているラスカルジムが、神奈川県の相模原にあります。

オープン当時は、久我山でしたが移転しています。

現在はYoutuberとしても活動しており、まだまだ格闘技界を盛り上げてくれそうです。

戦績

2021/12/27現在の戦績は以下のようになっています。

総合格闘技 戦績

52試合 36勝 15敗 14KO勝利

獲得タイトル

  • コンバットレスリング 69kg級 3位(1998年)
  • コンバットレスリング 69kg級 優勝(2001年)
  • コンバットレスリング 74kg級 優勝(2002年)
  • コンバットレスリング 74kg級 優勝(2003年)
  • 第5代修斗世界ウェルター級王座(2001年)
  • PRIDE GP 2005ライト級トーナメント 優勝(2005年)
  • 初代PRIDEライト級王座(2006年)
  • コンバットレスリング 73kg級 優勝(2007年)
  • ADCC ASIA TRIAL 2011 77kg未満級 優勝(2011年)

まとめ

五味隆典の中学時代や父親は?血液型や戦績などwiki風プロフィールについて調査しました。

五味隆典の中学時代は?

五味は中学時代は野球部でピッチャーをしていました。

五味隆典の父親は?

高校を1年で中退すると、五味に警察官になって欲しかった父親と不仲に。

その結果、縁を切られてしまいました。

その後の父親との関係についての情報はありませんでした。

また父についての情報もありませんでした。

五味隆典の血液型や戦績などwiki風プロフィール

  • 本名:五味隆典
  • 通称:天下無双の火の玉ボーイ
  • 出身:千葉県柏市
  • 生年月日:1978/9/22
  • 年齢:43歳(2021/12/27現在)
  • 身長:173cm
  • 体重:70kg
  • 血液型:O型
  • 所属:K’z FACTORY
  • 階級:ライト級
  • 尊敬している人物:矢沢永吉、マニー・パッキャオ
  • バックボーン:レスリング、ボクシング

総合格闘技 戦績

52試合 36勝 15敗 14KO勝利