小川優介選手の出身中学校や小学校を調査!ネオスに所属していた?

こんにちは、RYOです。

第99回全国高等学校サッカー選手権大会が始まりました!

そこに出場する選手で、プロ入り内定を果たした小川優介選手について知りたい人も多いのではないでしょうか。

今回は小川優介選手の出身中学校や小学校、ネオスに所属していたかについても調査していきます!

今回の記事では、

・小川優介選手の出身中学校や出身小学校は?

・小川優介選手はネオスに所属していた?

 

について書いていきます!

高校サッカーに出場する選手で加入内定を手にしている選手→【2021】高校サッカープロ内定の注目選手は?大学進学先など進路一覧!

小川優介選手の出身中学校や出身小学校は?

小川優介選手の出身中学校は久喜市立久喜東中学校です。

中学生時代はFC LAVIDAでプレーしていました。

Q:FC LAVIDAでプレーしていた中学時代は、高校のサッカー部に針谷岳晃選手(磐田)や松本泰志選手(広島)を間近で見ていました。先輩の影響も大きかったのでは?
「自分はボランチでプレーしているので、先輩たちから見習うべき点が多かった。あの選手たちの背中を追いかけたいと感じたのは今でも覚えています。松本さんや針谷さんは憧れでしたね」

引用元:ヤンサカ

憧れの選手が近くにいるのはとても刺激になりますよね!

小川優介選手の出身小学校についてはTwitterなどのSNSやGoogle検索で調べましたが、情報は得られませんでした。

 

小川優介選手はネオスに所属していた?

小学生の頃はネオスFC(NEOS FC)に所属していました。

NEOS FCに所属していた頃から、地元では注目される存在だったようです。

強豪ジュニアチームやジュニアユースのセレクションを受けたが落選してしまいました。

その後、昌平高校に進学し、2020年9月、鹿島アントラーズに加入が内定しました!

悔しさをバネにたくさん努力してきたのだと思います。

「選手権の優秀選手に選ばれなかったとか、去年の中で一番悔しくて……。セレクションで落ちるのは悔しいので、見返したいというのは毎回思っています」。昌平で試合に出られるかどうか、悩んだ時期もある。だが、ひたむきに努力を続け、試合で自分のベストを尽くそうとし続けてきた結果、昌平の中心選手の座やトップクラブからのオファーを勝ち取った。

引用元:Yahooニュース

まとめ

今回の記事では、プロ入り内定を獲得した小川優介選手について記事を書きました。

落選も経験し、悔しい思いをしたと思いますが、そこから這い上がって鹿島アントラーズという強豪チームに内定を手にしたことはとてもすごいことだな!と思います。

全国高校サッカー選手権大会での活躍も期待したいです!