石渡伸太郎の出身中学や高校は?戦績やファイトマネーについても!

こんにちは、RYOです。

今回は元総合格闘家で、自身のYoutubeチャンネルも持っている石渡伸太郎さんをご紹介します。

石渡伸太郎さんは、大学在学時より総合格闘技を始め、社会人になってからは修斗、パンクラス、RIZINと各団体の第一線で活躍された総合格闘家です。

パンクラス時代には2011年~2017年までの間にバンタム級王者として、キングオブパンクラシストの座を5度にわたり防衛しました。

プロとしての戦績:39試合26勝9敗4分け

このようにご活躍されてきた石渡伸太郎さんですが、2021年6月13日のRIZINでの試合を最後に引退を発表し現役からは退かれました。

きたる2021年9月19日(日)さいたまスーパーアリーナでの「Yogibo presents RIZIN.30」では引退セレモニーが予定されており、ファンの皆様にリング上から挨拶される予定です。

そんな石渡伸太郎さんの出身中学や高校について気になっている方も多いのではないでしょうか。

今回は石渡伸太郎の出身中学や高校は?戦績やファイトマネーについて書いていきます。

今回の記事では、

・石渡伸太郎の出身中学や高校は?

・石渡伸太郎の戦績は?

・石渡伸太郎のファイトマネーは?

 

について紹介します。

 

石渡伸太郎についておすすめの記事はこちら↓

 

石渡伸太郎の出身中学や高校は?

大阪ご出身の石渡伸太郎さん、中学や高校はどこに行っていたのでしょうか?

また、学生時代の石渡さんは何をしていたのか見てましょう。

まずは中学生時代、学校の詳細は調べたけれどでてきませんでした。

ご本人の口からも語られたことはないようです。

石渡伸太郎さんのバックボーンである柔道を始めたのが中学生からになります。

中学時代の柔道の話についても情報は出てきませんでした。

中学卒業後は、東京都千代田区にある男子校の私立正則学園高等学校に入学しました。

高校時代に柔道の段位も2段になっていたようですね。

また、石渡伸太郎さんは、自身のブログで高校時代の柔道部の先輩について次のように語られていました。

「高校時代の柔道部の先輩方の思い出は、肩パンチされるか、ローキックされるか「ジュース2秒で買ってこい!」と言われていた思い出がほとんどです」

これだけを聞くと波乱の高校時代だったのかなと思われるでしょうが、これについて石渡さんは、

「基本的に自分が生意で隙があればあれば先輩方をおちょくっていたので自業自得です(笑)」

と語られていました。いじめや嫌がらせではなく運動部特有の生意気な後輩の可愛がり方だったんでしょうね。

しかしこの話には続きがあり、

「いつも笑って許してくれる先輩がいたんですけど、でも許してくれることをいい事に調子に乗ったら本気で怒られてシバかれましたね。でも驚いたのが翌日その先輩がケーキを持って1時間以上かけて謝りに来てくれたんです。」

そんな先輩が卒業される時にお肉屋さんに就職することを聞いた石渡伸太郎さんは軽いノリで「お肉送ってくださいね!」と言ったそうです。

石渡伸太郎さんはほんの冗談のつもりだったかもしれません。でもこの先輩の素敵なところは、なんと卒業してから毎年お正月にお肉を贈ってくれるていたそうなんです。

石渡伸太郎さんは自身のことを生意気な後輩と言っていましたが、それでも先輩からはとても可愛がられていたんでしょうね。

とても心温まるエピソードだと思います。これも石渡伸太郎さんに昔から人徳があったからかもしれませんね。

石渡伸太郎の戦績は?

石渡伸太郎さんのプロでの生涯戦績はどうだったのでしょう?

プロでの総合戦績:39試合26勝9敗4分

各団体・イベントでの戦績は以下のようになります。
●修斗   :13試合8勝2敗3分
●PANCRASE :13試合11勝1敗1分
●RIZIN   :7試合4勝3敗0分
●他団体  :6試合3勝3敗0分

また26勝の内訳は次の通りです。

●KO(TKO含):9
●一本:2
●判定:15

石渡伸太郎さんは柔道がベースなので寝技や極めが得意なのかと思っていましたが、試合ではストライカー張りの打撃も見せてくれました。

そしてやはり柔道で培ったものなのか、グラウンドに持ち込まれた時の切り替え、そして体制の立て直しがとても上手いです。

また試合が進むにつれて怒りモードが入った時の石渡慎太郎さんの気迫に満ちた表情はとても迫力がありました。

石渡伸太郎のファイトマネーは?

石渡伸太郎さんのこれまでのファイトマネーはどれくらいの額にのぼるのでしょうか?

残念ながら総額についてはわからないのが現状です。

国内団体(修斗・PANCRASE)でのファイトマネーの予想額は次のように言われています。
●各団体のランカー選手:1~10万円
●チャンピオンクラス: 100万円~

石渡伸太郎さんも最後に出場していたRIZINでは、スポンサーの有無などにより上記とは異なるようです。

あくまで予想額としてですが、石渡伸太郎さんのRIZINでのファイトマネーは200~300万円ではないかと予想されています。

調べてみると総合格闘技の中堅以上のプロ選手でも、ファイトマネーだけでは生活できないので並行してバイトをしている方もたくさんいるようです。

もちろん、注目されるスター選手になると企業がスポンサーについてファイトマネーが上乗せされるようですが現状では一握りの選手だけになります。

ちなみに石渡伸太郎さん、2012年のとある試合後インタビューにて、震災後徐々に募金が少なくなっているというニュースを見てファイトマネーの一部を寄付したい思いますと試合後のベストバウト賞授賞式の際にリング上でコメントされていました。

 

石渡伸太郎の身長や血液型、生年月日など経歴プロフィール

最後に石渡伸太郎さんのプロフィールをどうぞ。

本名:石渡伸太郎

血液型:非公表

生年月日:1985年2月21日

年齢:36歳(2021年9月現在)

出身地:大阪府大阪市

身長:169cm

体重:61kg

学生時代修斗でプロ昇格を果たした石渡伸太郎さん、最初はプロの格闘家になることについて社会のレールから外れるという不安を持っており、デビュー戦に勝ったら、すぐにやめてしまおうと思っていたそうです。

しかし結果はカットによりTKO負け、続く2戦目も引き分けに終わってしまいました。

この経験から本気でやらないとプロでは勝てないと思い、当時就職した会社を3か月でやめ総合格闘技の世界に飛び込んでいったのです。

それからパンクラスで結果を出してバンタム級の王者に君臨したのです。

2021年6月を最後に惜しまれながらも現役を引退された石渡伸太郎さん、もう彼を試合で見ることはおそらくできないのでしょう。

ですがRIZIN漢塾塾長として後輩の育成や、なにかしらの形で総合格闘技界に影響を与える存在であっていただきたいです。

まとめ

今回は石渡伸太郎さんの学生時代や戦績、ファイトマネーについてご紹介しました。

冒頭でも言いましたが2021年6月を最後に現役引退を発表した石渡伸太郎さんですが、自身のYoutubeチャンネルではこれまでのリング上での姿とは違った一面を見せてくれています。

これからも後輩の育成や総合格闘技界の発展に一翼担っていただきたいですね!

石渡伸太郎の学生時代について

まずは中学生時代、学校の詳細は調べたけれどでてきませんでした。

柔道を始めたのが中学生から

中学卒業後は、東京都千代田区にある男子校の私立正則学園高等学校に入学しました。

高校時代に柔道の段位も2段になっていた。

 

石渡伸太郎の戦績について

プロでの総合戦績:39試合26勝9敗4分

各団体・イベントでの戦績は以下のようになります。
●修斗   :13試合8勝2敗3分
●PANCRASE :13試合11勝1敗1分
●RIZIN   :7試合4勝3敗0分
●他団体  :6試合3勝3敗0分

また26勝の内訳は次の通りです。

●KO(TKO含):9
●一本:2
●判定:15

 

石渡伸太郎のファイトマネーについて

残念ながら総額についてはわからないのが現状です。

国内団体(修斗・PANCRASE)でのファイトマネーの予想額は次のように言われています。
●各団体のランカー選手:1~10万円
●チャンピオンクラス: 100万円~

石渡伸太郎さんも最後に出場していたRIZINでは、スポンサーの有無などにより上記とは異なるようです。