2021年阪神タイガース開幕スタメンや先発ローテーションを予想!開幕投手は誰?

こんにちは、RYOです。

2021年のプロ野球開幕戦スタートは3月26日に決定!

昨年は開幕が3ヶ月遅れでスタートしました。

各球団の選手の中からも自粛要請、無観客試合など、選手やプロ野球ファンにとって目まぐるしい1年になったはず。

阪神タイガースについて気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、2021年阪神タイガース開幕スタメンや先発ローテーションを予想!していきたいと思います。

今回の記事では、

・2021年阪神タイガース開幕スタメン予想!

・2021年阪神タイガース先発ローテーションを予想!開幕投手は誰?

 

について書いていきます!

 

【あなたにおすすめの記事はこちら】

2021年千葉ロッテマリーンズ開幕スタメンや先発ローテションを予想!開幕投手は誰?

2021年読売ジャイアンツ開幕スタメンや先発ローテーションを予想!開幕投手は誰?

2021年ソフトバンクホークス開幕スタメンや先発ローテーションを予想!開幕投手は誰?

2021年阪神タイガース開幕スタメン予想!

2021年阪神タイガース開幕スタメン予想は以下となりました。

1番:近本 光司
2番:糸原 健斗
3番:糸井 嘉男
4番:大山 悠輔
5番:ジェリー・サンズ
6番:佐藤 輝明
7番:梅野 隆太郎
8番:木浪 聖也
9番:西 勇輝

近本光司(26)は元々投手であったが、

チーム形態や肩肘の影響もあり外野手へと転向している。

2018年のドラフト会議で阪神タイガースから指名を受け背番号5番として活躍。

2019年新人ながらも、木浪聖也、齋藤友貴哉と共に沖縄での一軍春季キャンプに参加しており、

オープン戦で存在感を放ち矢野燿大監督が開幕戦でのスタメン起用を明言した。

実際に京セラドーム大阪で行われた東京ヤクルトスワローズ戦では開幕スタメン出場を果たし、

小川泰弘からプロ入り後初安打・初打点を記録した。

その後はスタメン落ちも経験しているが、

阪神甲子園球場での横浜DeNAベイスターズ戦で代打出場しプロ入り初の本塁打を放ちスタメン復帰している。

171センチと小柄ながら体のバネを生かし自身の武器である50メートル5秒8の俊足で2020年には2年連続で盗塁王に輝いた。

そんな近本のアシストを任せられるのは糸原健斗(28)しかいない。

糸原は全てにおいてバランスが良くレベルも高い選手で、彼のように安定して活躍してくれる選手はそういないでしょう。

金本監督からも高い評価をうけており、

「実践むきで面白い存在、強い打球を引っ張れるのが彼の良さ」といわれている。

そしてライト糸井嘉男(39)

高山や井上、若い選手も成績を上げてきており、

ライバルが多いポジションではあるがベテランの糸井は安定だろう。

4番は不動のサード大山悠輔(26)

作年同じく巨人の4番・岡本和真選手とホームラン王を競い合っており惜しくも2位となったが、

2021年シーズンからは阪神のチームキャプテンも務めている。

2019年のオープン戦から4番打者に固定、

3月のヤクルト戦でも4番・三塁手として起用されており5月のDeNA戦ではプロ入り初のサヨナラ安打を放った。

大山の次に高い得点圏打率を誇ったジェリー・サンズ(33)を控えれば相手球団にとって脅威となるだろう。

そして今大注目の期待のルーキー佐藤輝明(21)

2020年のドラフト会議にて4球団から1巡目指名を受け見事阪神タイガースが交渉権を獲得した。

メディアからは「糸井2世」と称されている。

身長187センチの体重94キロと恵まれた体格と破壊力抜群の打撃の持ち主で今後の活躍が大いに注目されている。

キャッチャーの梅野隆太郎(29)は3年連続でゴールデングラブ賞を受賞しており、

ショートの木浪聖也(26)と共に7番8番は確定だろうといわれている。

残るはピッチャーだが一部では藤浪晋太郎選手を推す声も上がっているが、

今のところその可能性は低くいだろう。

予想だとおそらく2020年防御率2.26の西勇輝(30)で間違い無いでしょう。

2021年阪神タイガース先発ローテーションを予想!開幕投手は誰?

2021年阪神タイガース先発ローテーションを予想は以下です。

 

1西勇輝→2秋山拓巳→3高橋遥人→4ジョー・ガンケル→5チェン・ウェイン→6青柳晃洋

 

阪神タイガースの先発ローテーションで可能性が非常に高い開幕投手は西勇輝投手だろう。

1月20日の番組で矢野監督が西勇輝投手の2年連続開幕投手を発表した。

オリックスから阪神に移籍して昨年で早2年だが監督、チームメイト、ファンの方々からも人気で親しまれている。

秋山拓巳投手も長年阪神を支える大黒柱で、西勇輝と同様にこの2人は外せない投手だろう。

高橋遥人投手は最速152km/hのストレートが武器で、2019年には菅野智之や西勇輝を抑えリーグ8位の125奪三振を記録している。

ジョー・ガンケル、チェン・ウェインといった強力な外国人選手が阪神タイガースは多くこの二人の並びは正直難しいところでもある。

だがこの調子でいけば青柳晃洋投手同様先発確定の範囲だろう。

 

まとめ

今回の記事では、2021年阪神タイガース開幕スタメンや先発ローテーションを予想!していきたいきました。

いかがでしたか?

2021年阪神タイガース開幕スタメン予想は以下となりました!

1番:近本 光司
2番:糸原 健斗
3番:糸井 嘉男
4番:大山 悠輔
5番:ジェリー・サンズ
6番:佐藤 輝明
7番:梅野 隆太郎
8番:木浪 聖也
9番:西 勇輝

2021年阪神タイガース先発ローテーション予想以下となりました!

1西勇輝→2秋山拓巳→3高橋遥人→4ジョー・ガンケル→5チェン・ウェイン→6青柳晃洋